格子家の名物は、いなり生地(油揚げしたおこし種)に黒砂糖につけ込んだ、『どろぼう』。
昔、甘いものが少なかった時代に、「泥棒してでも食べたい。」ほど美味しいと言われたこと
からこの名前がついたという。
各写真をクリック頂ければ、拡大写真が見られます


もちろん、ひとつひとつ手造りです。

黒砂糖をからめた「おこし」の事を “山幸(しゃんこ)” と言います。

格子家は、京都で最期の“山幸屋”です。